Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

抱え込まなくても大丈夫~「ワンドの10」&「星」

タロットっていろんな種類がありますよね。

新しく迎えたハーモニアスタロット。

その雰囲気に惹かれたのですが、大きさもポイントでした。

普段、省スペースで展開する必要のある私にとって、

スタンダードサイズは大きすぎるのです。

そのためハーモニアスタロットもポケットサイズを購入しました。

ただ、思いのほか小さく、細かい絵が細部まで見えない(笑)

大鏡片手に眺めています。

 

そんな今日の二枚。

 

f:id:YasushiM:20190613051223j:image

 

ワンドの10」と「」です。

 

ワンドの10」、

ウェイト版では苦しそうにワンドを運ぶ姿が描かれていました。

ハーモニアスタロットでは宙に浮いています(笑)

解説書を見る限り、大きな負担、疲労といった意味合いはウェイト版と同様。

描かれているのは城までの長い道をきれいに掃除しなきゃいけない二人組。

重労働ではあるけれど、二人一緒ってのがポイントなのでしょう。

 

」もまた、ウェイト版と同様の意味合い。

しかし、天使の後ろにあるのは何でしょう?

車輪がついていますよね?

ゆりかご?と考えましたが、赤ん坊の姿がある訳でも無く。

…と、ここまで書いてて気づいた。

大アルカナってマルセイユ版の方に近かった。

マルセイユ版見ても、何も描かれてなかった(笑)

解説書に「Renewal, new love.」とありますし、

新しく生まれる何かが、そこにいるのでしょう。

 

大きな負担にさらされている最中は

先の事が見えなくなってしまうもの。

一人で抱え込まなくてもいい。

隣を見れば、一緒に頑張ってくれている人がいる。

そのことに気付けば、きっと未来が見えてくる。

 

こんな感じに捉えました。

ハーモニアスタロットのメッセージって

「どうにかなるよ!」って感じです(笑)

 

そんなことを考える木曜日の昼休み。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。