Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

考え方を広く持とう~「ワンドの7」&「ペンタクルの4」

昨日は暑かった。

窓を開けていても、入ってくるのは熱風。

夜も寝苦しかったです。

本格的に夏バテしそう…

 

今日の二枚。

 

f:id:YasushiM:20190621045737j:image

 

ワンドの7」&「ペンタクルの4」です。

 

ワンドの7」には二人の人物が描かれています。

「戦い、努力、議論」といったキーワードが解説書には書かれています。

ウェイト版では、敵からの攻撃に対し、必死で守りを繰り広げる姿が。

ハーモニアスタロットの場合、実際の闘争では無く、「言い争い」のイメージ。

決着までには多くの障壁がありそうです。

 

ペンタクルの4」も印象がかなり違います。

ウェイト版では、自分の財産を絶対に手放そうとしない姿が描かれていました。

ハーモニアスタロットの場合、天秤を持つ男性の姿。

初めは何が描かれているんだろう?と思いましたが、

この男性は、自分の財産がどれほどあるのかを常に気にしているのでしょう。

そして、その多さにご満悦な様子です。

「所有物、財産、有形物、けち」

解説書にあるキーワードにも納得です。

ウェイト版よりも、こちらの方が「けち」ですね(笑)

 

自分が持っているものだけが全てではありません。

金銭的には計ることのできない、多くの価値ある物事があるのです。

周りの人たちの価値観も尊重しましょう。

それが自分にとって必要なものであれば取り入れれば良いし、

必要無ければ、そっとしておくだけで良いのです。

 

こんな感じに捉えました。

 

意識しなければ、人は自分の価値観で物事を考え行動します。

それだけでは視野が狭くなり、本当に必要な物事を見逃してしまうかもしれません。

とは言え、これがなかなか難しいのですがね(笑)

時には論争を繰り広げるのも良いのでしょうね。

 

そんなことを考える金曜日の昼休み。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。