Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

行く?それとも行かない?~「ソードの5」&「ソードの4」

おはようございます。

今日は日中用事があり出かけるので、早朝の更新です。

休みの日は、ゆっくり寝ていたいんですけどねぇ…

 

今日の二枚。

 

f:id:YasushiM:20190623050129j:image

 

ソードの5」&「ソードの4」です。

 

ウェイト版の「ソードの5」って、後味の悪さ満載ですよね。

明らかに勝者と敗者って感じですし、色合いといい、雲の様子といい、

何らかの決着がついたのは間違いないのでしょうが、スッキリしません、

ハーモニアスタロットでは二人の男性が描かれています。

一人が荷物を肩にかけ、柵を乗り越えていこうとしています。

もう一人も荷物は持っているものの、座り込んでいます。

乗り越えていこうとする男性を止める様子もありません。

解説書のキーワードは「敗北、屈辱、恥、裏切り」等。

これだけを見るとウェイト版とあまり変わりませんが、

絵から受ける印象は随分と違います。

絵のイメージには「裏切り」が一番マッチする気がします。

しかし、もう一人が止めようとしていないところを見る限り、

座り込んでいる男性もまた「裏切り者」なのかもしれません。

二人とも「裏切り者」。

しかし、最後の最後で踏みとどまったものと、去っていったもの。

そんな風に見えるのです。

 

ソードの4」はつい最近出ています。

太陽が昇れば動き出す。

その時が来るまでは待つ。

そういうイメージです。

 

一体今日は、何が起こるのでしょうか?

行くのか、それとも留まるのか?

決断するのか、しないのか?

ちょっと面倒な事があるのかもしれませんね。

今動くべきなのか?

そのタイミングなのかをよ~く考える必要がありそうです。

 

そんなことを考える日曜日の早朝。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。