Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

ただ優しく~「カップのネイブ」

今日の一枚。

 

f:id:YasushiM:20190711052139j:image

 

カップのネイブ」です。

日盤は六白同会

 

機嫌が良い時、悪い時、

調子が良い時、悪い時、

同じ自分なのに、何が違っているのかと考えた時、

ふと思ったのは、外からの刺激に対する「閾値」が違うってこと。

 

同じ様な出来事があったとしても、

閾値」が高ければ、心は敏感に反応したりすることは無い。

閾値」が低ければ、すぐに心を動かされてしまう。

 

意図して「閾値」を低くして、

周囲の物事に対し心を開き、何もかもを受け入れる時間も必要ですが、

いつもそれをしていては、疲れ切ってしまいます。

 

適度な高さに「閾値」を設定することで、心と行動のバランスが取れる。

それではどうやってちょうど良いレベルに持っていくのか?

ただ、優しくあるだけで十分なのかもしれません。

 

カップのネイブ」が示すのは水のスートの穏やかさ。

解説書のキーワードは「平和、調和、同意、理解」。

 

周りの人たちと意見をぶつけ合うのはソードの役目。

カップのネイブ」が出てきた今日は、ただ優しくあること。

 

「ちょっと、それは違うんじゃない?」

これはソード。

 

「あなたはそう思うんだ。私はね…」

これがカップ

 

どの様なことでも、一度しっかり受け止める。

言葉にとげがあっても、刺さらないように優しく受け止める。

六白同会ですし、人の意見に批判的にならぬよう気を付けます。

 

そんなことを考える木曜日の昼休み。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。