Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

満足することも大切~「ペンタクルの7」

長く降り続いた雨の後は、

蒸し暑い真夏日の連続。

朝早くからセミの鳴き声が響くようになり、

暑いのが苦手な私にとっては辛さ満点の時期となりました(泣)。

 

今日の一枚。

 

f:id:YasushiM:20190712000943j:image

 

ペンタクルの7」です。

 

日盤は七赤同会

秋のイメージですね。収穫の秋。実りの秋。

 

ペンタクルの7」に描かれるのは、花の蜜を吸う妖精の姿。

自分で育てたものでしょうか?

長い時間をかけて育て、花が咲くのを待ち望み、

今がまさに収穫の時。

大切に育てた分、その蜜の味わいも格別なものでしょう。

 

九星気学の同会法で、その日毎の日運を見ていますが、

今日はタロットとキレイにシンクロした感じです。

今までの行いに対し、何らかの結果が生じる一日なのかもしれません。

それが仕事なのか、プライベートなのか分かりませんが、

私にとってはポジティブに捉えることができるもの。

そう感じました。

 

ウェイト=スミス版の「ペンタクルの7」の場合、

描かれている男性の表情が、私には不満気にしか見えないのです。

リーディングもそれに引っ張られることが多いのですが、

ハーモニアスの場合にはちょっと違う。

美味しそうに飲んでますからねぇ。

一定の成果は得られたのだと、前向きな捉え方ができるのです。

 

タロットを含め、占いに何を求めるのかは人それぞれ。

現実の厳しさと向き合う必要があるときも。

また、優しく背中を押すときもある。

私にとってハーモニアスタロットは、寄り添ってくれる存在なのでしょう。

シビアに行きたいときはウェイト=スミス版ですね。

 

こんなことを考える金曜日の昼休み。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。