Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

自分の立場~「ペンタクルの6」逆位置

昨日の台風、

こちらは雨風共にそこまで酷く無く

過ぎ去って行きました。

まだまだ台風シーズン続きます。

自然の力の前で個々は無力。

だからこそ予めの準備が大切ですね。

 

今日の一枚。

 

f:id:YasushiM:20190814073939j:image

 

ペンタクルの6逆位置です。

太陽、獅子宮、獅子座に対応。

 

九星気学、日盤は五黄同会

運気は非常に良いのですが、これを超えると下り坂。

 

五黄土星の象意は、

中心人物、知的、行動力、持久力、闘争心。

 

太陽&五黄土星

ペンタクルの6」に描かれている3人の内、

中央にいる人物を指すのでしょう。

 

中央の人物は天秤を持っています。

この天秤で何を量るのでしょうか?

対価としてお金を渡している様子を見る限り、

膝まづく人たちの働き具合でしょうか?

 

本来であれば中央の人物が公平な立場に立ち、

それぞれの労働に対して適切な評価をするのでしょう。

 

しかし、逆位置で出てきている事、

そして九星気学で見たときに、今日が五黄同会

立場を利用して正しく評価しようとしないことが予想されます。

 

今日は公平な目を持つことを心がけましょう。

夫であること、親であること、

職場においては部署の長であること、

そういう立場を利用して、

自分に都合の良いように振舞うことの無いように。

この様に捉えました。

 

ネイタルの太陽に対し、トランジットの土星がスクエアな今は、

常に自分の立場ってものを意識せざるを得ない時期なのでしょう。

 

そんなことを考える金曜日の朝。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。