Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

土星の人間関係~「カップの3」

カレンダーの並びと、職場独自の盆休みも手伝って、

結構な休みの一週間となりましたが、今日で終わります。

休んだ分だけ、今週の仕事量は膨大です。

休みもほどほどが良いですね...。

 

今日の一枚。

 

f:id:YasushiM:20190815074553j:image

 

カップの3」です。

土星、磨羯宮、山羊座に対応

 

九星気学、日盤は七赤同会

三女、会話、喜び、飲食等の象意があります。

運気はあまり良くありません。

 

現在、トランジットの土星山羊座に入っています

カップの3」の対応惑星と星座に一致していますね。

 

そしてトランジットの土星はネイタルの太陽&金星とスクエア

松村潔先生の「完全マスター西洋占星術」によると、

土星と太陽のスクエアにより、生きていく上での葛藤、

土星と金星のスクエアは屈折した愛情表現を生み出すとあります。

 

カップの3」が意味するのは心地よい人間関係ですが、

現在の星回りを見る限り、

この意味合いはストレートには出てきそうにありません。

 

現状、私の人間関係は良好だと思います。

しかし、その中において居心地の悪さを感じている自分もいます。

楽しさや喜びをストレートに表に出せない自分。

トランジットの土星とのスクエアが解ければ、

少しは変わってくるのでしょうか?

今の私の状況がトランジット土星の影響だとするのなら、少し気が楽になります。

時間が解決してくれるでしょうから。

 

そんなことを考える日曜日の朝。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。