Tarotと日常との関連性を考察するブログ

タロット修業中のYasushiが日々の一枚引きを検証&考察します

進んで行くために必要なもの~「ソードの4」

昨日の午前中は体がだるく、家でゴロゴロしてました。

昼からは随分良くなりましたが、原因は「中秋の名月」だったのかも?

最近、満月の前後は体調が思わしく無いことが多いのです。

 

今日の一枚。

 

f:id:YasushiM:20190908073634j:image

 

ソードの4」です。

木星人馬宮、射手座に対応。

 

九星気学、日盤は七赤同会

相克で運気は下降。

 

昨日の「ペンタクルのペイジ逆位置で、

動き出そう!って言ったばかりなのに、今日は「ソードの4」。

動き出す前に、ちゃんと準備はできているのか?

その様にカードから言われている様です。

 

ペンタクルは形あるものを作り出すスート。

では、どのようにして作り出すのか?

まずは何が必要か?

どの様に行動すべきか?

考えるソードの力が必要です。

 

眼を閉じ、体と心をしっかり休める。

その上で、見えてきた道はどのようなモノなのか?

今の私の心の中には、目指していくべき道は見えています。

しかし、どの様にすれば進んで行けるのかが、まだ不透明。

まだまだしっかりと考える必要があることは、私も重々承知。

それでもまずは動いてみる。

昨日の「ペンタクルのペイジ」はそういうことだったのでしょう。

 

そんなことを考える日曜日の朝。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。